JA加賀トップページ > 特産品・食のメニュー > 加賀九谷野菜

特産品・食のメニュー

受け継がれる伝統の野菜「加賀九谷野菜」

加賀九谷野菜

商標登録の内容

①商 標 名  「加賀九谷野菜」(かがくたにやさい) 
②指定商品  第31類 加賀市産の野菜
③商標権者  加賀農業協同組合


加賀九谷野菜について

加賀九谷野菜について

古くから九谷焼発祥の地として知られる加賀市は、大聖寺川・動橋川などの清流と肥沃な江沼平野が広がる自然環境豊かな地であります。このような環境の中、市内では四季折々の様々な農産物を生産しており、それらは県内外から高い評価を得ています。

以上の事を踏まえ、JA加賀では加賀市内産の野菜を「加賀九谷野菜」として商標登録し、市内産野菜のブランド化を目指すことを決定致しました。

加賀九谷野菜の紹介

主な野菜をご紹介致します。

  • ブロッコリー
    (出荷時期 5月上旬〜6月上旬、10月上旬〜12月末)

    県内最大の出荷量を誇る加賀のブロッコリーは、5月から出荷が始まる春ブロッコリーと、10月から出荷が始まる秋ブロッコリーがあります。鮮やかな緑色と歯ごたえのある食感が特徴で、老若男女問わず人気があります。

  • 味平かぼちゃ (出荷時期 7月上旬〜8月上旬)

    表皮の色合いが濃く、ホクホクとした食感と高い甘みが特徴のかぼちゃです。
    JA加賀では「味平かぼちゃ焼酎」をはじめとした様々な6次産業化商品にも利用されています。

  • 加賀白ねぎ (出荷時期 10月下旬〜2月下旬)

    綺麗な白色と、柔らかくてとろけるような甘みが特徴の加賀白ねぎは、寒い時季の鍋にはもってこいの野菜です。

  • 加賀山中じねんじょ (出荷時期 11月下旬〜12月上旬)

    強いねばりけと甘みが特徴で、豊富な栄養成分を含む山中じねんじょは疲労回復・ガン予防などにも効果があると言われています。

これらの野菜以外にも加賀市内産の野菜は全て加賀九谷野菜となります。