JA加賀トップページ > JA加賀について > 組合の概況

JA加賀について

組合の概況

沿革、歩み

JA加賀は、平成9年4月に加賀江沼一円を地区としてJA加賀市・JA河南・JA山中町が広域合併し発足しました。その後、平成10年4月にJA東谷と合併し現在のJA加賀となりました。

合併前のJA加賀市は、昭和46年4月に加賀市内17農協が大同合併し、県内でもトップを切って大型農協として誕生しました。以来今日まで、大型土地基盤整備事業の推進、カントリーエレベーター・集出荷場・農機具修理施設の建設など、農業生産の合理化・コスト削減のための施設整備・営農指導体制の充実に努め、組合員の負託に応えつつ発展を遂げてきました。一方、事業面でも貯金・共済・購買・販売など組合員や地域住民の協力のもと、順調に実績を伸ばして現在のJA加賀の基礎となっています。

 

社会的責任と貢献活動

当JAは、地域農業を守り、組合員の社会的地位の向上と地域から愛されるJA活動を目指し、次の事業を通じて地域社会に貢献しています。

1.確実に進んでいる高齢化社会において、「お年寄りと家族が安心して暮せる」地域社会を目指し、ホームヘルパーの養成・ホームヘルプサービス等積極的に福祉活動に取組んでいます。

2.学童体験農園・ふれあい農園を通じ、子供たちや地域のみなさまに対して農業への理解を深めています。

3.農業まつり等を通じ、食への理解とおいしく安全な食料をPRするとともに、その安定供給に努めています。

4.年金友の会をはじめ各種の友の会を結成し、地域の方々の親睦・融和・交流を図っております。

5.JAグループ全体で年金友の会では「ハイキング」、「グラウンドゴルフ大会」等を開催し、参加者の健康推進や親睦融和を図っています。

6.顧問税理士による税務の無料相談を行っています。また、年金相談も行っています。

7.「おたすけ隊」の活動を通じて社会福祉に積極的に参加しています。

   

リスク管理体制

当JAでは、「組合員や地域のみなさまに安心してご利用いただける信用事業」を目標に、次の次事項を中心にリスク管理体制の充実に努め、健全な経営の維持・強化を図っております。

(審査体制)

貸出に伴う金融リスクを管理するため、支店に融資決裁権限枠を設けるとともに、それ以上のものに際しては本店融資課による審査を行う等適切に対応できるよう体制の充実に努めております。

また、能力に応じた研修会の実施、指導の徹底により、各職員の融資審査能力向上を図り、組織全体のリスク管理体制のさらなる充実・強化に努めております。

(資産自己査定)

当組合が保有する資産について、定期的にその危険性又は価値の毀損の危険性の度合いを判定し、業務の健全かつ適正な運営の確保に努めております。

(監査体制)

本支店及び事業所の業務執行、財産の保全及び事務管理について、法令・定款・諸規定及び要領に基づき、適性かつ効率的な運営がなされているかを監事監査規程により厳正に監査するとともに、行政庁・JA全国中央会による外部監査を導入しております。

また、事務の範囲・内容の複雑化と事務処理の合理化が進み、内部牽制の強化がより一層求められているなか、常勤監事の設置により監事監査の実施、専任部署の監査室を設け、内部監査を定期的に実施し、事故・トラブル・誤謬及び不正の未然防止に努めております。

(ALM管理体制)

金利変動リスク、流動性リスク等現状を適格に把握し、資産・負債を総合的に管理することで安定的収益の確保と財務の健全性維持に努めております。

   

法令遵守体制

昨今の金融機関を巡る相次ぐ不祥事件の発生や金融機関の業務内容・直面するリスクが多様化・複雑化している中で、徹底した自己責任原則に基づき、法令・定款等を遵守し、透明性の高い経営を行っていくことが一層強く求められております。

当JAでは理事会を業務執行の意思決定及び業務執行にあたる理事の監督機関として位置づけ、業務執行者たる代表理事・常勤理事が法令定款等を遵守し、適切な業務執行を行っているのかどうかを理事会で牽制・承認しております。

また、当JAでは監事の独立性のもと、理事に対する業務監査・会計監査において、組合の財産の保全状況及び事務管理が法令・定款等を遵守して適正に行われているかを厳正に審査し、財務諸表の適正を高めるとともに、金融機関としての信頼の維持・向上に努めております。

(個人情報保護指針)

当JAでは組合員情報の保護管理を徹底するために、職員に対する周知及び保護管理状況の点検等を行い、組合員が安心してご利用いただけるように、組合員情報の保護管理に万全を期すよう取り組んでいます。


平成29年4月1日現在

組織図