JA加賀トップページ > 2年連続 日本最大客船飛鳥Uに加賀市産のお米が採用されました!

2年連続 日本最大客船飛鳥Uに加賀市産のお米が採用されました!

採用されたJA加賀の「コシヒカリ」と「ゆめみづほ」

「飛鳥U」を運行する郵船クルーズ(株)に
28年度加賀市産の「コシヒカリ」と「ゆめみづほ」が27年度に引き続き採用されました。
今回も採用されるにあたり、食味審査などにより全国7産地16種類の中から見事にJA加賀のお米が選ばれ、一年間の取引が決定しました。



お米に続き、加賀九谷野菜が飛鳥Uに!

「加賀九谷野菜」が飛鳥Uに!

加賀市産のブロッコリーやキャベツなど「加賀九谷野菜」の6品目を国内最大級のクルーズ船「飛鳥U」に提供させていただけることになりました。
 昨年の12月から続いているコシヒカリ、ゆめみづほの提供に続いた形となり、富裕層が多いクルーズ客に食べてもらうことで加賀のブランド野菜を国内外に周知できることが期待されています。

今回積み込まれたのは6品目計500kg!

6月22日、金沢港にて積込み作業が行われました。
今回積み込まれたのはブロッコリー、キャベツ、トマト、ナス、キュウリ、ジャガイモの6品目計500kg。
また、コシヒカリ・ゆめみづほも3トンずつ積み込まれました。



豪華客船飛鳥UにJA加賀のお米が採用されました!

飛鳥Uとは?

日本最大の豪華客船で、世界一周など長期間の航海ができる 大型の客船です。
乗客は最大872名で乗務員は470名ほどが乗船し、 映画館やフィットネスなどの設備もあります。
12階建てで、全幅が29.6メートル、全長が241メートルとなっています。

採用されたJA加賀のコシヒカリ

「飛鳥U」にお米が採用されたのは、
JAグループの直接取引では初めてとなり、今回提供することになったのは
加賀の中山間地などで作られる「コシヒカリ」9トンです。

また、乗務員用として「ゆめみづほ」3トンも同船に積み込まれます。
12月10日横浜港から出発し、南米や南極を巡る100日間の航海の間の食事に 使用されます。