JA石川かほく
HOME > JA石川かほくの特産品 >大崎すいか

JA石川かほくの特産品

大崎すいか

大崎すいかはかほく市の、日本海を見渡せる砂丘地で栽培されています。
栽培方法は、トンネル栽培から路地栽培まで作型分化し出荷時期を分散化しています。また出荷方法は集荷場での共同選果により、地元市場をはじめ関西市場に出荷しています。
トンネル作型には、全国的にも極めて少ない品種「ハニーシャルマン」を導入しています。早生性と高い糖度、シャリ感がある食味の良い商品です。また露地作型についても作型に適した品種構成により栽培を行っています。
出荷時期 6月下旬~7月下旬
作付面積 5.5ha
出荷数量 250t (30,000玉)
生産農家 4戸
大崎すいか大崎すいか
ページTOPへ