JAすずし 珠洲
JAすずしについて
関連リンク
HOME>JAすずしについて>沿革・あゆみ
沿革・あゆみ  
当JAすずし管内は、日本列島のほぼ中央、日本海に突き出た能登半島の先端に位置し、恵まれた自然環境と 多くの伝統・文化をもちあわせています。稲作を中心とした農業は、気温、降雨、降雪も程よく、全国的にも高い評価をいただいております。また、畑作では、カボチャ・ブロッコリーの栽培が盛んで、カボチャにおいては、全量関西市場へ出荷し、関西市場における珠洲ブランドが定着しております。
このように、与えられた自然環境を最大限に生かし、人々のうるおいある暮らしと農業をはじめとした産業・文化の調和を考え、魅力ある郷土作りと協同組合運動の実践に取り組んでおります。

昭和
53・4
「珠洲市農業協同組合」が発足
 
55・9
「農村婦人の家」竣工
 
58・1
農機具修理センター完成
 
60・5
三崎・若山・正院ライスセンター竣工
 
61・3
寺家農産物集出荷場竣工
 
63・7
農産物集出荷施設落成
平成
1・12
貯金200億円達成
 
3・9
西海ライスセンター竣工
 
4・8
共済保有高2000億円達成大会
 
5・4
麦共同乾燥調整施設竣工
 
7・12
搗精工場竣工
 
8・8
宝立・上戸ライスセンター竣工
 
10・7
LPG充填所竣工
 
11・1
共同育苗センター竣工
 
11・4
グリーンセンターすずオープン
 
13・10
ブロッコリーセンター選果ライン導入
 
14・6
農業用廃プラスチック回収開始
 
16・4
葬祭センターオープン
18・1 支店統合 6支店体制スタート

←前へ戻る 2005(C)JAすずし ↑上へ戻る
←HOME リンク→ サイトマップ→ お問い合わせ→