JAのNo.1を目指して!

トピックス

生産組合長会議・生産組合長協議会

生産組合長会議・生産組合長協議会1生産組合長会議・生産組合長協議会2

 1月26日(土)JAののいち本店2階会議室において、平成31年度生産組合長会議が開催されました。管内34地区の生産組合長のほか、野々市市より押田 浩三産業振興課長、当JAからは西村組合長、初野常務、杉内営農経済部次長らが出席しました。

 会議では、平成31年産米の需要量等についての説明が行われ、その後、役員選出のための組織会が開かれ、次の4名の方が本年度の役員に選出されました。

会 長 東  正俊(蓮花寺町)
副会長 三納 吉博(藤平)
会 計 畠   実(末松)
監 事 小畠 邦雄(押越町)

 役員選出後、東 正俊新会長が決意を新たに挨拶し、平成31年度生産組合長協議会が開催されました。

 平成31 年度の事業計画・予算案、野々市市賃金標準料金表案が審議の結果、原案通り可決されました。

 また、事務局より、野々市市稲作受託組合標準料金や各種助成要領等の説明、営農座談会と石川県農業共済組合からの案内があり、質疑応答を経て協議会は終了しました。

 なお、各種助成要領に変更がありますので、各地区の生産組合長から案内がありましたら、ご確認いただきご利用下さい。

こども共済企画クリスマス会サンタとアンパンマンから素敵なプレゼント

イルミネーションもパワーアップ

イルミネーションもパワーアップ

 12月20日(木)本町支店、21日(金)本店で毎年恒例のクリスマス会を開催しました。

 本町支店で76名、本店では87名とたくさんのお子様に足を運んでいただきました。今回は、キャラクターバルーンをはじめ、盛りだくさんのプレゼントを用意してお子様たちに喜んでいただけたのではないかと思います。

 本年も引き続きクリスマス会を開催しますので、参加をご希望のみなさん、「こども共済」に加入してくださいね♪

野々市市役所へエアリーフローラ♪粟市長に贈呈

受付窓口に飾られました

受付窓口に飾られました

 1月31日(木)西村組合長と初野常務が野々市市役所を表敬訪問して、JAののいちで栽培されたエアリーフローラの花束を粟市長に贈呈しました。この日は栽培する4品種の中から成長の早い黄色を中心に花束を作りました。贈呈された花束は早速庁舎の受付窓口等に飾られました。

農業青色申告会総会開催

本町支店での講師の石黒税理士

本町支店での講師の石黒税理士

 1月20日(日)、本店で富奥農業青色申告会総会、本町支店では野々市農業青色申告会総会がそれぞれ開催されました。総会では各会員が集まり、平成30年度の決算報告並びに平成31年度事業計画・収支予算案が決議されました。

 また、総会後には青色申告収支決算書説明会が開催され、会員の方々は、税理士からの説明を熱心に聞かれていました。

相続セミナー開催

大勢の参加者

大勢の参加者

 1月25日(金)、JAののいち本店において、講師に石黒敏晴税理士をお招きして「相続セミナー」を開催いたしました。

 今回のセミナー内容は、講師より「税務調査の実態」について講演をしていただきました。

 43名の組合員がご参加くださいました。なかなか聞けないお話もあり、参加者は興味深々くぎ付け状態でした。

 ご好評により相続セミナーは来年度も計画していますので、是非ご参加ください。

JAののいち特産「かきもち」今年も美味しくなりますように!

一個ずつ丁寧に吊るします

一個ずつ丁寧に吊るします

 1月11日(金)から、今年もJAののいち特産の「かきもち」づくりが始まりました。1月18日(金)には、裁断したかきもちを吊るし終えて、じっくり乾燥するのを待ちます。

 5月には仕上がる予定ですので、ご期待ください。

 販売時期・価格は決定次第、広報誌等でお知らせします。

共済友の会研修旅行日帰り名古屋の旅

営農担当職員による説明

営農担当職員による説明

10月24日(水)JAののいち共済友の会研修会が実施されました。会員37名を乗せたバスは名古屋方面に向かい、徳川美術館、名古屋城本丸御殿等の散策を行いました。
今年6月に完成公開された名古屋城本丸御殿は、圧巻の美様式で、さすがは重要文化財と呼ぶにふさわしい数々を堪能しました。
共済友の会では、これまで温泉での一泊旅行だったのを本年は趣向を変えて県外日帰り研修にしましたが、参加者から好評でした。

野の華グループ手造り味噌の仕込み始まりました

大豆を蒸します

大豆を蒸します

 2月2日(土)、野の華グループ(岡田 和江代表)の手造り味噌の仕込み作業が始まりました。1月20日から1週間かけて、野々市産のこしひかりを使用した米麹を作り、1月31日には大豆を水に浸して柔らかくなった大豆を2月2日に1回60㎏を4回蒸し上げ、その後手回しのミキサーで大豆をミンチ状にして米麹と塩を合わせ、よくこねて空気が入らないように慎重に味噌桶に詰め発酵を待ちます。7月〜9月の夏期には冷蔵庫で熟成して10月頃には袋詰めして製品化します。10月のJAののいち農業まつりに合わせて販売を開始します。また、プララAコープ富奥店の農産物産直コーナーでも販売しています。

 メンバーの高齢化が進み後継者不足に悩んでいましたが、今年から新人の方が加入され喜んでいます。

 今年度より新メンバーとなった中山 京子さんは、「今まで、ほとんど農業に携わってこなかったが、定年を機会に農業に触れてみようと思いグループに参加しました。自分たちが育てた野々市産こしひかりで米麹を自ら作り温度管理・衛生管理を徹底して作業工程が替わる度にアルコール消毒を行うなど厳しい中にもメンバーの活気と明るさが感じられ楽しい。休憩時にはモグモグタイムがあり親睦を深めています。」と話されました。

 野の華グループは平成16年に結成され現在10人のメンバーで活動を行っています。ただいまメンバー募集中!!みなさんも参加してみませんか♪


バックナンバー


JAののいち広報誌「おゆるっしゅ」74号

JAののいち広報誌
おゆるっしゅ

vol.74 PDF1.95MB

JAネットローン
口座開設・JAネットバンク・住所変更のお手続きはこちら