JAバンク石川

地域とJAバンク

わたしたちJAバンク石川は、安全で安心して暮らせる豊かな地域社会を実現するために、農業と自然を大切にした、JAらしい地域貢献活動を実践していきます。

農業担い手への支援

担い手への生産集中などの農政改革を受け、農業専門金融機関として一層の機能発揮を目指し、担い手への金融支援に取組んでおります。

具体的な取り組み

  • 農業関連ローンへの利子助成事業

    本事業は、農業の担い手に対し、借入負担の軽減策を図ることでそれぞれの農業経営がより成長していくよう支援を行うものであります。

    1. 対象者
    対象期間中に農業バックアップ資金、アグリビジネスローン、農業経営改善促進資金(スーパーS資金)、アグリマイティ資金、農業近代化資金をお借入いただいた方
    2. 助成率
    最大1%
  • アグリファンド石川の活動支援

    JAバンク石川信連では、アグリファンド石川の活動を通じ、会員相互の研鑽と親睦をはかり、併せて農業経営の安定・向上に向けた取組を支援しました。
    アグリファンド石川では、平成19年10月に設立30周年を迎え、その記念事業として「農の現場からの食育提案」を基本コンセプトに30周年記念誌『農育人』を製作・発刊しました。
    『農育人』は、我が国の農業を変えて行くには、これからの日本を支える子どもたちとその家庭・家族に対する「食育」が重要であると考え、「食育」はじめとする石川県の加賀・金沢・能登の農家が発信する情報を満載しておりますので、ぜひご購読ください。
    お申し込みは、こちらの申込用紙を記載のうえ、FAX(076-240-5125)にてお願いします。

  • 金融相談機能強化

    県下16JA及び石川信連では、農業者の皆様のご融資や経営の相談を行っております。
    更に、農業者の皆様の経営改善支援ニーズにお応えするため、県下で34名(平成24年8月末現在)の日本政策金融公庫農業経営アドバイザー試験合格者が農業経営の発展支援を行っております。

食農教育

未来を担う子供たちに対して、食農を中心とする教育活動を通して、食、環境等と農業のつながりを知ってもらい農業に対する理解を深めていただく取組を進めております。

JAバンク教材本贈呈事業

県内の小学5年生を対象に、石川県中央会が作成した教材本「いしかわの農業」を贈呈するとともに、平成24年度より、特別支援学校等に特別支援教育版の教材本を贈呈しております。

  • JAバンク教材本贈呈事業

JAバンク教育活動助成事業

県内JA及びJA部会等が実施した子どもへの食農・環境保全・金融経済をテーマとする教育活動に対して、費用の助成を行っております。

  • JAバンク教育活動助成事業
  • JAバンク教育活動助成事業

情報発信

子どもたちへの食農教育活動等を定期的に新聞等に広告掲載しております。

ページトップへ