JAポイントサービスについて
お問い合わせサイトマップリンク集個人情報保護方針

JAののいちについて
Home > JAののいちについて > 沿革

JAののいちの沿革と歩み

 当JAののいちは、平成19年4月に富奥農業協同組合と野々市町農業協同組合とが合併のために解散し、新たに「野々市農業協同組合」として設立されました。

 被合併組合である富奥農業協同組合については、明治44年4月1日、無限責任富奥村信用販売購買利用組合として発足し、幾多の変遷を経て終戦を迎え、昭和23年3月に富奥村農業協同組合として新たな船出をしました。そして、昭和30年3月には町村合併により富奥農業協同組合に改称し、その後、全国農協中央会会長の最優秀表彰並びにAコープ富奥生活総合センターが全国Aコープチェーンの最優秀賞を受賞するなど、営農活動は言うに及ばず、組合員はもとより地域住民の生活の要として小規模ながら地域の中の重要な組織として歩んでまいりました。

  また、野々市町農業協同組合については、昭和23年2月に発足し、以降、町の再編にあわせ、昭和32年3月に押野支所、昭和59年10月に郷支所、平成4年3月に本町支店を開設し、組合員・利用者の利便性確保に努めてまいりました。その間、全国農協共済大会において優積表彰を受けるなど事業においても着実に進めてまいりました。また、金沢市近郊であるがために区画整理が進み、設立当時と比較して耕作面積が37.1%と激減し効率的な農業が難しくなる一方、組合員も高齢化する中で、管内の農業を守ることが急務となってまいりました。そこで、カントリーセンターの設置、農作業の請負等を実施し、組合員にとって無くてはならない組織として位置付けられておりました。

 平成19年4月、2JAが合併したことで、1町1JAが実現したことにより、関係行政との連携がさらに密度の濃いもとなり、都市型JAの特徴をフルに活用しつつ、組合員及び地域の皆様とともに歩むJAとして邁進しております。
■合併までの経過と歩み
平成16年 8月 合併への役員懇談会
平成18年 5月 野々市町2JA合併推進協議会発足
  10月 合併予備調印式
  11月 合併臨時総会
平成19年 4月 JAののいち発足
  4月 営農センター開設
平成23年 11月 野々市町が市制施行(野々市市となる)
JA野々市農業協同組合 〒921-8834 石川県野々市市中林5丁目1番5 TEL:076-248-2171 FAX:076-248-9102
copyright(C)2008 JAののいち.All Rights Reserved.