HOME > 新着情報2016

新着情報

新着情報2017

ツエーゲン金沢に「ひゃくまん穀」を贈りました!

JA松任は21日、農業祭にてJリーグJ2に所属するツエーゲン金沢へ県産米の新品種「ひゃくまん穀」50キロと白山市産のコシヒカリ「あさがお娘」2.4トンを贈り激励しました。新米の贈呈は昨年に引き続き4回目となります。
贈呈にあたり竹山武志組合長が「JA松任の米をしっかり食べ、残りの試合は良い結果になるよう頑張ってほしい」と挨拶しました。
ツエーゲン金沢のレギュラー選手でただ1人石川県出身の作田裕次選手(DF)が地元の白山市出身であることから、わがチームとして応援しており、寄贈したお米はチームクラブハウスの昼食用に使われます。この日はMFの秋葉選手と富田選手、DFの嶺岸選手のサイン会も行われました。

ツエーゲン金沢の秋葉勝選手(MF)にひゃくまん穀を贈る竹山組合長

サイン会場の様子


ページTOPへ
その他のメニュー