JA金沢市について

JA金沢市について

 昭和49年4月に、金沢市内の27の農協が合併し、金沢市農業協同組合が誕生しました。その後、平成4年4月に、農業協同組合の愛称を「JA」と呼ぶようになり、JA表記は「JA金沢市」となりました。JAとはJapan Agricultural Cooperatives(日本の農業協同組合)の略で、新しい農業協同組合のイメージを象徴する愛称です。
 JA金沢市の管内は、金沢市市全域です。市民に新鮮で安全な農産物の供給、貴重な自然を確保するという重要な役割を再認識するとともに、農業の持つ多面的な機能を生かすため行政とも連携した取り組みを進めています。また、協同と相互扶助の精神を基本として、組合員および地域社会への貢献活動を推進しています。

経営理念・経営方針

【経営理念】

JA金沢市は協同の精神を基に、農協事業を通じて組合員や地域住民の信頼と期待に応え、地域の発展と心豊かな暮らしの向上に寄与します。


【経営方針】

私たちJA金沢市は地域との融和に努め、社会づくりの牽引役になるため、

■『農』として・・・私たちは活力ある農業を創造し、“安全・安心・豊かさ”を提唱します。
 (1)農業の担い手育成・集落営農対策に取組み、活力ある農業振興に努めます。
 (2)21世紀の《農》の確立を目指し、「農業」を広く理解してもらう為のPR活動を展開します。
 (3)生産性向上とコスト低減により、農業経営向上を積極的に支援します。

■『組織』として・・・私たちは“地域社会と共生”出来る組織体を目指します。
 (1)安全、安心、信頼の「JAブランド」を確立します。
 (2)法令やルールを遵守し、コンプライアンス態勢の強化・徹底に努めます。
 (3)「農」と「住」の調和のとれた街づくりに取り組みます。

■『経営』として・・・私たちは先を見据えた事業展開と体質強化を図り、“健全”経営に努めます。
 (1)常に情報開示を行い経営体質を強化し、安定した経営を目指します。
 (2)未来に向けた事業展開により、地域発展に貢献します。
 (3)地域金融機関として地域に合った総合サービスを提供します。

■『人』として・・・私たちは“ふれあい”活動を展開し、農業・地域社会の発展に貢献します。
 (1)組合員・地域の人々とのふれあいと助け合い活動を展開します。
 (2)組合員・地域の人々から信頼される役職員を目指します。
 (3)組合員・地域の人々の生活に貢献できる専門性を高めます。

執行部

正式名称 金沢市農業協同組合
本店所在地 〒920-0011 石川県金沢市松寺町未59番地1
電話番号 代表(076)237-0002
FAX (076)237-2209
代表者 代表理事組合長 橋田 満
組合員数 正組合員6,372名 准組合員6,791名 合計13,163名
総代 550名
役員 理事23名(内、常勤4名) 監事5名(内、常勤1名)
職員 298名(男178名、女120名) ※常庸を含む
設立 昭和49(1974)年4月1日(金沢市内27JA合併)
地区 金沢市一円
拠点 本店1、支店10、農機課、自動車課、燃料課、砂丘地集出荷場、アグリセンター5、ほがらか村3、給油所2
出資金 31億5901万円
貯金 1670億5581万円
貸出金 443億7967万円
長期共済保有高 5507億5230万円
購買品供給高 42億6091万円
販売品取扱高 69億9853万円(事業実績は平成29年3月31日現在)

執行部