はくいの自然栽培

<

HOME はくいの自然栽培

農薬や肥料を使わずに
能登の「自然の力」を栄養に

「自然栽培」とは、太陽や水など自然の力だけを頼りに、土の中の微生物の働きによって、土や大気中にある窒素、リン酸などを栄養として取り込んで、米や野菜や果樹などを育てる栽培方法です。ですから、農薬だけでなく、化学肥料・有機肥料も使いません。

「自然栽培」という言葉こそ、その本質です。「自然」は無為的なもの。いっぽう「栽培」は有為的・人為的。自然と栽培、つまり自然と人間、環境と人間のバランスをとるということ。昔から大切にされてきた日本人の心や文化、多様な命を尊重する農業なのです。

はくいの自然栽培は2010年に始まりました。のと里山自然栽培部会は現在35人いて、約50品目の米や野菜、果樹を栽培しています。このうち19人が、約20ヘクタールで米を作付け。取り組み当初から種をつなぎ、この土地の風土や気候に合った米づくりを進めています。

近ごろは、自然栽培農産物の機能性の高さや旨み成分の多さも注目され始めました。世界農業遺産・能登の里山里海の、おいしい水、やさしい風、ゆたかな土で育った、深い旨みとタップリの元気のもとを、地域が一体となって発信しています。

はくい式自然栽培では、JAと羽咋市による「はくい式自然栽培認証委員会」が認証基準を設けており、①生産者、②ほ場、③栽培計画、④農産物の認定を経て出荷される農産物には「はくい式自然栽培認証マーク」を使用します。

はくい式自然農場では生産者の多様性を尊重していることから、認証によるランク付けは行っておりません。生産者の今置かれている環境(農地、人、経営、農産物…)で、生産者自らの選択による関わり方について区分しています。

のと里山農業塾

2010年2月、『奇跡のリンゴ』の著者・木村秋則さんの講演会が羽咋市で開催され、同年12月から「木村秋則自然栽培実践塾」が始まりました。年間約6回(各2日)の座学や実習で、初年度は水稲、2年目は野菜、3年目は果樹について学びました。

2013年からは「のと里山農業塾(はくい式自然栽培野菜コース・米コース)」を開講し、全国からたくさんの塾生を受け入れています。

お申し込み・お問い合わせはこちら

動画配信については、オンライン受講プログラムを提供する「みらい樹」のホームページをご確認ください。